« 2005年9月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月20日 (日)

成長する彫刻

 鹿児島実業高等学校90周年おめでとうございます。

 ひとくちに90年といっても、世代にすると3世代。

 そう考えると、その時の重みがいかに大きいものかとあらためて感じるのです。

 その90周年を記念したモニュメph11ント「帆翔(はんしょう)」が完成し、先日除幕式が行われました。

 淡オフィスは、このモニュメントにプロデューサーとして関わらせていただきました。

 淡オフィスって、建築プロデュース&空間デザインが仕事じゃないの、と驚かれるのですが、そんなときは、「おもしろそうなことなら何でも」とお答えしています。

 今回、モニュメントを作りたいというご相談をいただいたとき、90周年という歴史と数々の全国大会優勝という輝かしい実績、そして未来への希望を想起させるもの、歴史を刻むと共に、未来へ成長し続ける彫刻というコンセプトを立てました。

 そのモニュメントを建てることにより、みんなの心が集まり、成長し続けるという、今までにない発想を提案。鹿児島大学教授で日展審査員でもある彫刻家の池川直先生と、お父様で同じく彫刻家の池川敏幸先生(香川大学名誉教授)が制作にあたられました。

 そして完成したのが「帆翔(はんしょう)」。

 翼をイメージした石の彫刻と六面体の支柱で構成08されています。鹿児島実業高校が、全国大会で優勝・準優勝するたびに1枚ずつ支柱部分にレリーフが追加されていく「成長する彫刻」。努力を重ね、栄光を勝ち取り、一丸となってて歴史を刻んでいく鹿児島実業高等学校生の意思と希望の象徴です。鹿児島実業高等学校生たちが、この学校で、互いに切磋琢磨し、励ましあいながら、上へ上へ上昇し、卒業後の長い人生の旅へ滑らかに飛び立てるように、という想いが込められています。

 鹿児島実業高等学校が、さらに輝かしい歴史を重ねて100周年に向けて駆け抜けられますことを心より祈念いたします。

  ※「帆翔」…鳥が翼を広げ、上昇気流などを利用する飛び方のこと。鳥は、気象条件のよい日と場所を選んで集まり、一斉に柱のように上って行く。渡り鳥は、高く帆翔すればするほど、遠いところまで飛ぶことができるといわれている。

| | トラックバック (0)

2005年11月18日 (金)

今なぜか韓流ブーム

ブログをちょっぴり(?)お休みしていたら、各方面から「ブログ更新してないよ~」という御指摘をいただきました。読んでくださっているとのこと。ありがたいことです。

ということで、これからはこまめに更新しようと心に誓いつつ、復活いたします!

まずは、DSC_0002先日、東市来の「春光庵」で開かれた「淡・オフィス年末パーティー第1弾」について、ご報告します。DSC_0067

日ごろお世話になっている方々やクライアントにお声をおかけしたところ、秋空の下、たくさんの方々が集まってくださいました。      

今回のテーマは「韓流」。ええっ有馬さんってヨン様好きなの?とか、なぜブームも落着き始めた今になって…?というざわめきが聞こえてきそうですが、本当の理由としては、先日生まれて初めて韓国料理を食べたという有馬千草が「私も作ってみようかしら」と思ったことがきっかけなのDSC_0005です。

それから本当に作ってしまうのが、すごいところなのですが、人気韓国ドラマ「チャングムの誓い」のレシピ本を買い込んで、早速挑戦。何日間かランチで試作を行い、いざ本番。30名以上のお客様に「参鶏湯(サンゲタン)」「ビビンバ」「チヂミ」「焼肉」を食べていただきました。

毎回パーティーがあるごとに、衣装も本格的になってくる淡オフィスですが、DSC_0016

今回は、韓国風エプロンに、チャングムに出てくる宮廷女官風の毛糸の三つ編みを手作りし、頭に巻いてお迎えいたしました。

みなさん、とても楽しんでくださったようで、お迎えした私たちもたくさん良いDSC_0064

エネルギーをいただきました。来てくださった皆様ありがとうございました。

DSC_0017

DSC_0070

| | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年12月 »