« 2005年12月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年1月 8日 (日)

納骨堂のお内仏壇をプロデュース

DSC_0066 新春のテーマは厳かに…ということで、今日は淡オフィスがプロデュースさせていただいた納骨堂のお内仏壇をご紹介します。

納骨堂は、南薩摩・指宿の海の見える場所に建つ「信楽寺(しんぎょうじ)」にあります。

信楽時の納骨堂のお内仏壇を作ってほしい、と御相談を受け、考えたこと。

「死」という誰しもに訪れるもの。それは決して終わりではなく、ひとつの時代を生きて、ゼロ に帰ったということで、無くなってしまうこということではなDSC_0093い。DSC_0073・・・・と。

納骨堂を訪れた人が、美しくて軽やかで、なんだか楽しい気持ちになるようなお内仏壇。そうして浮かんだのが、「ガラス」でした。人間は、水から生まれて水に戻り、ゼロから生まれてゼロに戻るー。そのイメージを具現化するために、三つ具足(花立・香炉・燭台)とそれを置く台もガラスにして、水の中に仏様が浮かび上がるように…。しかし、それだけのガラスを使うとなると、国内ではコスト的に難しかったのDSC_0082で、ホワイトギャラリーの三坂基文さんを通して、バリ在住の世界的なガラス作家・鳥毛清喜さんに依頼して作っていただきました。仏像は、鹿児島大学教授で日展審査員でもある、彫刻家の池川直先生に依頼。ブロ ンズの阿弥陀如来を制作いただきました。DSC_0077

信楽寺の村上ご住職夫妻は、一般的なお内仏壇とはイメージを異にするこの提案をそのままに受け入れてくださり、つくりあげる課程も共に楽しんでくださいました。おかげさまで、イメージ通りの美しいお内仏壇が出 来上がったと、心より感謝しております。

大切な人をしみじみと想い、感謝し、心に温かいものを感じるような。そんなお内仏壇ができたのでは…と思っています。

| | トラックバック (0)

2006年1月 4日 (水)

しあわせな風景

DSC_0191     気持ちのよい空が広がる冬晴れの12月30日。

淡・オフィスの恒例行事「大もちつき大会」が、東市来・春光庵で行われました。

庭では、薪が勢いよく燃え、蒸篭からはもDSC_0216ち米が炊き上がる美DSC_0223味しそうな香りが漂ってきます。もち米が蒸し上がったら石臼に移しDSC_0257て、まず熱いうちに杵で潰します。そして、2人一組で、リズムをとって杵でつき、手でまとめる…。最初は慣れなくてきめが粗くなってしまったこともありましたが、何回か回を重ねるごとにコツをつかんできて、3回目くらいからは、まっ白くきめ細やかで香りのいい、美味しいおもちがIMG_2667出来上がっていきました。

もちつきに参加してくださったおDSC_0249客様は、40DSC_0231~50名。朝から日が暮れるまで、様々な方々が入れ替わり立ち代わり足を運んでくださいました。みなさん、とても穏やかな笑顔でもちつきの風景を楽しんでくださっていたようです。力自慢のお客様は、腕まくりをしてもちつきにチャレンジ。子供たちも、子供用のミニ杵でおDSC_0188手伝いしてくれました。清清しく晴れた空の下、明るい笑い声が溢れる、とてもしあわせな光景でした。

行事といえば、淡オフィスはもちろん衣装にも凝ります。

もちつきといえば、やっぱり和装でしょ、ということDSC_0240で、来てくれた子供たちには、はっぴと豆絞りのはちまきでおDSC_0204しゃれをしてもらい、淡オフィスのスタッフは、着物、たすき、割烹着という「年末コスプレ」で決めて(!?)みました。

もちつき大会で、すてきなお客様たちと共に、にぎやかに楽しく昨年を終わることができました。

おかげさまで、新しい一年も気持ちよくスタートできそIMG_2678DSC_0250うです。DSC_0200 DSC_0200 DSC_0226

DSC_0218DSC_0258DSC_0243

| | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年4月 »