« 2009年9月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年10月25日 (日)

水琴窟が新しくなりました

013年前に庭に作っていただいた「水琴窟(すいきんくつ)」。

水琴窟は、甕の底に小さな穴を開け、

地中に伏せて埋めて作ります。

雨などが降ると、水滴が甕の中に落ち、

音が反響しすることで、

軽やかな澄んだ音色を聞かせてくれます。

音色が琴に似ていることから、

江戸時代の粋人達や庭師から「水琴窟」と呼称されたようです。

この水琴窟が、淡オフィスがいつもとてもお世話になっている

「木の葉庭園」庭師・國生さんの手によって、Photo_3

新しい表情に生まれ変わりました。

よりシンプルなデザインとなり、とても気に入っています。

静かな秋の夜に、耳を澄ませるのが楽しみです。

|

「ふぐristorante TESORO AMANARI」 大盛況です。

Tesoro 淡オフィスが空間デザインを担当させていただいた

「ふぐristorante TESORO AMANARI(テソロ アマナリ)」が

10月13日にグランドオープンしました。

オープン以来大盛況で、

ときには80食のランチが売り切れてしまう程の人気とのこと。

空間に携わらせていただいた者としても、うれしい限りです。

食べることが大好きな淡オフィスですから、もちろん実際に行ってきました!

「ヘルシーふぐランチ」(1000円・数量限定)は、

前菜、メイン、デザートまでの全8品で、ボリュームたっぷり。

お料理はフグ尽くしで、美しい盛り付けと

和洋にアレンジしたバリエーションの豊富さで、

フグの美味しさを多彩に楽しむことができます。

この価格でいいの…?と思うほどのコストパフォーマンスがいいので、

きっと満足されると思います。

ぜひ足をお運びください。

美味しさに気をとられてつい…と言わず、

ぜひ空間デザインもご覧くださいね。

■「ふぐristorante TESORO AMANARI」
鹿児島市東千石町2-38  福楽園ビル2階 (MAP)
tel:099-213-9411 / 11:30~14:30(14:00オーダーストップ)

※下の写真は、「ふぐristorante TESORO AMANARI」と共に手がけさせていただいた、隣接するコンシェルジュクラブ「空庭(くうてい)」のエントランス写真です。(フラワーアレンジは、M21の西真理子さんの作品)。現在は、簡易的な撮影ですが、後日プロカメラマンの写真を掲載させていただきます。

Photo Photo_2 02

|

2009年10月 7日 (水)

コンシェルジュクラブ「空庭」現場レポート

Photo 10月10日に、福楽園ビル(アイムビル裏)にオープンする

コンシェルジュクラブ「空庭(くうてい)」

いよいよ完成へ向け、 最後の仕上げに取り掛かっています。

01空間デザインのコンセプトは、

オーナーが名づけられた「空庭」という名前から発想し、

”空の庭で遊ぶ子どもたちのように

上質な空間の中で大人の方々に

のびやかにくつろいでいただける空間”を目指しました。06

これまでの”高級会員制クラブ”のイメージを一新し、

空間全体がアートとして成立するレベルとして、

素材から、色彩、照明までデザインしました。

バリで特注で制作したガラスのテーブルは

天板を発光させ、空間に浮かび上がるよう考えました。

写真では、コントラストで光が強く写っていますが、

実際にはやわらかい光が水滴のように並んでいるイメージです。

夜の空間ではありますが、

昼にご覧いただいても十分に美しさを感じていただけたら、と思います。

今、現場は、多くの関係者、スタッフが行き交い、熱気にあふれています。

きっと大成功のオープンになることを確信しています。

10月10日が楽しみです。

01_3 02_3 02_4 05_2

 

|

« 2009年9月 | トップページ | 2010年1月 »