« 2012年1月 | トップページ

2015年9月26日 (土)

鹿屋 S病院

以前ご紹介しました桜ヶ丘病院(鹿屋市・精神科)の

新築棟とリニューアル2棟が完成しました。

新築棟は敷地内に点在する4棟の既存建物の動線が全てつながり病院のシンボル的になるようなデザインの建築を目指しました。

設計をお願いしたのは、奥ノ薗建築設計事務所さん。

今回のプロジェクトは敷地高低差・建物相互の動線計画・植栽等を全て見直すことから始めました。

週1回の打合せの道中垂水の国道沿いにアコウの大木が並んでいる所があり冬が近づくと葉が落ちてまるでビュフェの絵の様でそのフォルムを見るのが楽しみでした。

 

2013年引続きリフォームは淡オフィスが担当、外来棟・入院棟の2棟を計画しました。

患者さんの多い外来棟は、全面リフォームの為一時体育館が仮診療所となりスタッフの方々にも大変なご協力をいただきました。

動線計画・心やすらぐ素材感・ランニングコストを押さえる照明計画等、精神病院ならではの工夫が随所になされています。

特に外来棟玄関は実家に帰った時の様に木製の引き分け戸になっています。

[リニューアル棟:リニューアル前]

Rimg0636Rimg0481Rimg0672Rimg0207_3Rimg0210_3









[リニューアル棟:リニューアル後]

Rimg0234_2Rimg0218Rimg0219008009


033
026


[新築棟]
_001_005_002_007_012
_022


_024


_026

| | コメント (0)

薬師 S邸

Yakago13Yakago01Yakago16Yakago25







淡オフィスプロデュース 薬師町のS邸。鉄筋コンクリート3階建です。設計は I 邸と同じ柳瀬真澄さんです。

淡オフィスプロデュースの場合、建築家には外観のみを設計してもらい内部は淡オフィスで計画するコラボが多いのですが、中には内外同じディティールでデザインしたいという建築家もいらっしゃいます。今回、淡オフィスはキッチンや置家具・収納計画・カラースキームを担当しました。

設計のディティールや素材へのこだわりは少しの隙もない程細やかでため息!道路側からは四角い箱にしか見えませんが、内部に入ると外観からは想像できない豊かな空間が作られています。リビングからは桜島が目の前に見えます。

玄関扉や和室の天井・障子・床の間等にクライアントのお父様が遺された屋久杉をふんだんに使いました。最後に残った屋久杉は、キッチンに取手として使い、全て使い切りました。 

 

 

 

 

| | コメント (0)

薬師 I 邸 完成

1_52_33_26_3Photo_2
5_24

 

以前ご紹介した淡オフィスプロデュースの薬師町 I 邸が完成しました。設計は福岡の建築家 柳瀬真澄さん。I 邸は美しいディティールの和風建築に仕上がりました。

料理上手な奥様ご希望の広々としたキッチン大人数の来客にも対応できる広いリビング・大容量収納スペース。「住み心地良く、ランニングコストが安い」と満足頂いている様子。

2015年11月発売の I’m home(商店建築社)に掲載される予定です。

 

| | コメント (0)

T邸

Rimg0278sRimg0218s





築33年のマンションのリフォーム。幸い柱や梁も大きく とても頑丈な建物。甲突川河畔の11階,眼前に桜島と城山。南側に川が流れ・・・と絶景のロケーションでした。

T様ご夫妻は新築のマンションを購入されましたが,こちらのマンションに出会われ、新築マンションには一度も住まず,買い替えられたとの事,納得です。

お母様とホテルのロビーの植物演出をされているだけあってとてもおしゃれにお住まいです。

0051 0011 0021 0041 003

| | コメント (0)

内仏壇

Dsc_0094_3 Dsc_0074

こちらは以前製作した内仏壇です。

今回 増築された納骨堂の内仏壇は少しこぶりです。

Rimg02561_3 Rimg02571 

当初 後光をガラスで作製したのですが,運搬途中に職人さんが壊してしまい,FRPを使い,自分達で作り直したものです。

仏像は鹿児島大学の池川教授,ガラスの台座は ホワイトギャラリーの三坂さんがバリで作製。

写真左側は毎回大胆なデザインを笑いながら(?)楽しんで頂いている(?)ご住職ご夫妻と息子さん。

右下は毎回施工に四苦八苦,孤軍奮闘された堀之内商会の社長です。

| | コメント (0)

奄美 住用の園

奄美の特別養護老人ホーム‘住用の園‘が開園しました。こちらの施設は鹿児島市の武田設計さんが全体的な計画をされ、淡オフィスがカラーコーディネート・照明計画・家具デザイン・ランドスケープデザインを担当させていただきました。

こちらの老人ホームは2010年10月の豪雨災害で施設が使用不能となり、4キロ離れた所に開設されました。

新しい施設は鉄筋コンクリート造りの平屋建てで、天窓からは明るい光が差し込んでいます。ランドスケープの植栽は奄美に自生している在来種をメインとし、見慣れた風景を演出しました。

施工は桂造園さん。

03 05 08_2  Rimg0442

‘住用の園‘の銘板は中筋先生の書です。

01_2

| | コメント (0)

菓子パン材料の店 M

長らく御無沙汰しておりましたが、新規一転、このところのお仕事を一挙アップさせていただきます。

鹿児島市中央町に菓子パン材料のマチダ商事の小売部 M (エム)が新規オープンしました。

淡・オフィスは1階の店舗内デザインと植栽・トイレのカラーコーディネートを担当させていただきました。

中洲小学校プール側にある白とピンクの2階建てのビルです。入口両サイドには四季咲きバラと匂いゼラニウムやラベンダー等、どれも香りの良い植物を配置しました。見た目は似ていますが香りの異なる4、5種類のゼラニウムが植えられています。

卸売の会社の一般小売店で、菓子・パンの材料が種類豊富です。是非立ち寄ってみてください。

不定期でお菓子教室もあります。


Rimg0293ssRimg0291small_3

 

| | コメント (0)

« 2012年1月 | トップページ