2011年5月 4日 (水)

新建築に掲載されました

新建築(新建築社)今月号(第86巻5号:5月1日発行)に、

4月2日のブログでもご紹介しました、

淡・オフィスが建築プロデュースした カミチク唐湊研修センターが、

掲載されました(P144~P151,P180)。 

         

淡・オフィスでは、クライアントの方から

”土地を探すこところから”というご依頼もあります。

今回の場合は、

目の前に広がる桜島と市街地を一望できる

抜群のロケーションを持つ土地が見つかりました。

県外からこられるお客様には何よりのおもてなしとなります。

土地を見つけるポイントは、

  ・のちのち、目の前に眺望を遮る建造物が建つ可能性はないか

  ・土地の向きはどうか

  ・その土地自体が持つ、「気持ちの良さ」はどうか

特に3点目の「気持ちの良さ」が何より大事だと思っています。

       

新建築のカメラマンの撮る写真は美しいですね。

建築物につきましては、どうぞ新建築をご覧ください。

| | コメント (0)

2011年4月24日 (日)

五感に心地良い鍼灸院を目指して

5月3日に常安団地に鍼灸院 「もぐさ」 が開院します。

治療科目は、鍼・灸・指圧・経絡リンパマッサージです。

「院長自身がしてほしい治療」

を目指して、熱心に修行されて来ました。

淡オフィスは、インテリアデザインを担当させていただきました。

開院に向けて急ピッチで作業が進んでいます。Rimg0102

そよそよと気持ちの良い風の吹き抜ける空間は、

美しい木々が借景となっています。

もうすぐ”カラダのメンテナンス”がしてもらえると、

淡・オフィススタッフ一同、安心しています。Rimg0104

完成後、改めてご報告させていただきます。

| | コメント (0)

2011年4月 2日 (土)

カミチクプロジェクト完成

ご報告です。

遅くなってしまいましたが、2月に

”カミチクプロジェクト”が”カミチク唐湊研修センター”として完成致しました。

日本のこれからの食を創り出すための基地創りとして

淡・オフィスはコンセプトを決め、立地を探し、設計事務所をご紹介しました。

Rimg0001_22009年10月には内外部大体の計画が終わっていたのですが、

中原祐二設計事務所の設計が構造的に難しく、

完成までに時間がかかってしまった様です。

それだけに建築物として素晴らしい器となりました。

ここが、上村昌志社長のもと、

南九州の食の拠点となります様、

益々の発展をお祈り申し上げます。

| | コメント (0)

花かごしま2011 その2

花と緑の祭典:花かごしま2011(3月18日~5月22日)が,県内各地で開催されています。

現在、指宿のIホテル様の緑化施工中です。

Rimg0083_3 海外から届いた石鉢は20個並べると壮観でした。

石鉢には、花や植物・動物・幾何学模様等が彫られています。

時間があれば、指宿ゆかりの花等も彫れたのですが・・・。

形も様々で縦長・コロンとした丸いもの・お風呂のように大きい

ものなどなど。

写真はロストラータ&アリッサム(まだ小さい)のコンビです。

アリッサムは”頑張れNIPPON”の想いを込めて赤白にしました。

南国の青い空のもと、なんともいい感じに仕上がりつつあります。

鳳凰木は指宿の気候では無理とのことで残念ながら断念し、

合歓の木で緑陰を造ることになりました。

まだおチビで、ひっそりと佇む合歓の木ですが、

ぐんぐん成長するので、いずれ大木になり、

道行く方が、木陰でひと休みできる日が楽しみです。

ランドスケープ全体像は次回アップする予定です。

 

 

| | コメント (0)

I邸

新築工事をお引き受けすることになりました。

クライアントは、太陽のように明るい、いえ、おもしろい(!!)Ⅰご夫妻です。

和風建築をご希望のクライアントが選ばれたのは,

九州新幹線も開通し、ぐっと近くなった福岡の建築家 柳瀬真澄さんです。

和風屋根の形状と全体のプロポーションがほんとに美しい建築家です。 06_2

東南角地という絶好の立地であり、

来年春の完成が今から楽しみです。

|

親孝行リノベーション完成

1月にブログでもご紹介した親孝行リノベーションが、完成しました。

クライアントA様のご希望は、お住まいになるお母様のために、

楽しい気分で過ごせるような明るくて暖かく、暮らしやすい空間。

全てバリアフリーで引き戸により仕切ることが出来ますが、

昼間は大きなワンルームとなります。

Rimg0082_2 寝室-脱衣所間の引き戸には、ステンドグラス。

ホワイトギャラリーの三坂さんに制作依頼しました。

一見、オレンジや黄色に見えるガラスですが、よく見ると、

手吹きガラス特有の美しい色ムラを楽しむことが出来ます。

キッチンと洗面は、車椅子にも対応できるようにしました。

3月11日以降は、建築資材が手に入りにくくなりましたが、

お引渡しが終わってあり、本当に良かったです。

Rimg0089_2 Rimg0090このところリフォーム・コンバージョンの

ご依頼が多いのですが、

着工が遅れそうです。 

| | コメント (0)

2011年1月10日 (月)

親孝行リノベーション

今回は、親孝行リノベーションのご紹介です。

昨年末に、クライアントA様から、

80代になるお母様のために、

持ちビルの一角にお住まいを作ってあげたい、

とのご相談がありました。

以前は商業施設がテナントとして入っていた場所を

リノベーションして、快適な居住空間へ。

お元気なお母様ではありますが、ご高齢のため、

すべてバリアフリーで、使いやすい設備を整えた

暮らしやすい住まいを目指してデザインしています。

完成は2月下旬予定。完成次第、画像をアップします。

(以下は解体前の写真です)

01 02_8 03 04_3

| | コメント (0)

2009年10月25日 (日)

「ふぐristorante TESORO AMANARI」 大盛況です。

Tesoro 淡オフィスが空間デザインを担当させていただいた

「ふぐristorante TESORO AMANARI(テソロ アマナリ)」が

10月13日にグランドオープンしました。

オープン以来大盛況で、

ときには80食のランチが売り切れてしまう程の人気とのこと。

空間に携わらせていただいた者としても、うれしい限りです。

食べることが大好きな淡オフィスですから、もちろん実際に行ってきました!

「ヘルシーふぐランチ」(1000円・数量限定)は、

前菜、メイン、デザートまでの全8品で、ボリュームたっぷり。

お料理はフグ尽くしで、美しい盛り付けと

和洋にアレンジしたバリエーションの豊富さで、

フグの美味しさを多彩に楽しむことができます。

この価格でいいの…?と思うほどのコストパフォーマンスがいいので、

きっと満足されると思います。

ぜひ足をお運びください。

美味しさに気をとられてつい…と言わず、

ぜひ空間デザインもご覧くださいね。

■「ふぐristorante TESORO AMANARI」
鹿児島市東千石町2-38  福楽園ビル2階 (MAP)
tel:099-213-9411 / 11:30~14:30(14:00オーダーストップ)

※下の写真は、「ふぐristorante TESORO AMANARI」と共に手がけさせていただいた、隣接するコンシェルジュクラブ「空庭(くうてい)」のエントランス写真です。(フラワーアレンジは、M21の西真理子さんの作品)。現在は、簡易的な撮影ですが、後日プロカメラマンの写真を掲載させていただきます。

Photo Photo_2 02

|

2009年10月 7日 (水)

コンシェルジュクラブ「空庭」現場レポート

Photo 10月10日に、福楽園ビル(アイムビル裏)にオープンする

コンシェルジュクラブ「空庭(くうてい)」

いよいよ完成へ向け、 最後の仕上げに取り掛かっています。

01空間デザインのコンセプトは、

オーナーが名づけられた「空庭」という名前から発想し、

”空の庭で遊ぶ子どもたちのように

上質な空間の中で大人の方々に

のびやかにくつろいでいただける空間”を目指しました。06

これまでの”高級会員制クラブ”のイメージを一新し、

空間全体がアートとして成立するレベルとして、

素材から、色彩、照明までデザインしました。

バリで特注で制作したガラスのテーブルは

天板を発光させ、空間に浮かび上がるよう考えました。

写真では、コントラストで光が強く写っていますが、

実際にはやわらかい光が水滴のように並んでいるイメージです。

夜の空間ではありますが、

昼にご覧いただいても十分に美しさを感じていただけたら、と思います。

今、現場は、多くの関係者、スタッフが行き交い、熱気にあふれています。

きっと大成功のオープンになることを確信しています。

10月10日が楽しみです。

01_3 02_3 02_4 05_2

 

|

2009年9月18日 (金)

「TESORO天成」「空庭」レポート

10月10日にオープン予定の2店舗が、Photo_2

超特急で現在工事進行中です。

そのお店とは、

ふぐを中心とする日本料理店「TESORO天成(てそろあまなり)02_2

会員制高級クラブ「空庭(くうてい)

場所は、天文館アイムビル裏の福楽園ビル2階で、

120坪のフロアを分割して、2店舗が造られます。

実は、このお仕事は、これまでの淡オフィスの仕事の中で

時間的に最もハードなものとなりました。

この2軒のお話が決定したのは7月24日、

1ヵ月後の8月26日は、デザイン決定して合見積りという段取り。

そして、工事終了は10月5日という、タイトなスケジュールで進んでいます。

実は、普通このスケジュールですとお引き受けするのが難しいのですが、

なぜか今回、この短期間でクライアントの期待にどこまで応ええられるか、

ということが、頭をよぎったのです。

”自分の能力と試してみようかなっ”と思い、飛び込んでみたものの、

2軒を同時に進めた8月は大変すぎて、あまり記憶がありません(笑)。

(ちなみに、8月は淡オフィスの夏イベント

「そうめんだらいin春光庵」も開催しました…)

工事スタートは9月3日。

1ヶ月もない無謀とも思える短期間の工事を引き受けてくれたのは、

勇敢な!?建設会社ジーテックです。02_3

現在、急ピッチかつ丁寧に工事を進めてくださっています。

デザインの出来上がりは(今のところ)自信満々なのですが、

01さて、クライアントはご満足いただけるのでしょうか。

オープンはもうすぐなので、ぜひ足をお運びください。

 

 

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

EVENT | OFFICE | WORK | WORKS